おーじろう@愛知で中学受験2023

おーじろうは日能研東海に通う6年生。このブログは2023年 愛知県で中学受験に挑戦するおーじろうの様子やテスト結果を紹介します。また日能研で自走して東海地区難関校に合格した上の子の当時の様子なども。最近は主にプチ反抗期中のおーじろうのやる気や、自走について私が感じたことを書いています。

数年前の今頃、悪夢を見ました〜もうすぐ愛知 第1週〜

こんにちは

 

愛知県の中学受験も1月22日に第1週がスタートします。

 

数年前の今頃の話です。

上の子の初受験の前日、試験に遅刻する夢を見ました。

起きたら外が明るくなっていて『遅れたっ!!』とビックリする。

その夢があまりにもリアルで、本当に遅れたと思い、ベッドから飛び起きました。

 

その学校の合格発表の日には、試験に落ちる夢を見ました。

パソコンに受験番号を入力したら、不合格と大きく表示されてガッカリするという夢です。

 

どちらの夢も本当にリアルで、起きた後も、しばらく嫌な感覚を引きずるほどでした。

親としても初めての受験だったので、本当に不安だったのだと思います。

 

後から調べたのですが、『遅刻する夢』は、焦りや不安、その状況から逃れたい気持ちのあらわれのようですが、『試験に落ちる夢』は逆夢で、夢の中で落胆が大きいほど、現実での喜びが大きくなる吉夢だそうです。

 

受験当日の上の子への声かけ

このブログは、おーじろうへの“声かけ”がメインテーマみたいになっていますが、上の子は自走していたので、声かけなんて考えたこともありませんでした。

 

でも、試験には何か言葉をかけて送り出してあげたいと思っていました。

 

ネットでいろいろ調べた結果、実際に上の子にかけた言葉は『目の前の問題を解いてきなさい』

 

親の不安な感じが伝わるのは良くないし、「あれは大丈夫?これは大丈夫?」と子どもが不安になるような言葉も良くない。

とにかく目の前の問題に集中するのが大事だということを伝えるために、この言葉にしました。

 

悪夢は見ましたが、上の子はその学校に合格することができました。

来年の今頃は、壮大に落ちる夢を見たいと思います。