おーじろう@愛知で中学受験2023

おーじろうは日能研東海に通う6年生。このブログは2023年 愛知県で中学受験に挑戦するおーじろうの様子やテスト結果を紹介します。また日能研で自走して東海地区難関校に合格した上の子の当時の様子なども。最近は主にプチ反抗期中のおーじろうのやる気や、自走について私が感じたことを書いています。

【日能研 6年】『読めてない?』&6月12日 育成テスト結果

こんにちは

 

6月12日に行われた育成テストの結果です。

 

f:id:ojiro_jyuken:20220614120221j:image


f:id:ojiro_jyuken:20220614120235j:image

共通の評価が9、合計点数も400点まであと一歩の397点でした。

点数だけ見れば、わが家の目標をほぼクリアしたといっていい成績でしたが、算数が寂しすぎる。

 

読めてない?

図形に入ってから算数が浮上できません。

もともと算数は苦手科目でしたが、図形になってから、点数的には80点前後、良くても90点辺りを彷徨っています。

 

しかし、ここまで苦手がハッキリしていると、逆に清々しい気さえします。

先日の塾との面談でも、課題が明白なので、夏期講習でしっかりやれば大丈夫と言っていただきました。

 

最近、ちょっと気が付いたことがあります。

それは、おーじろうが算数の問題文を理解してないのではないか?ということです。

そもそも何を問われているか理解できていない事が多く、親が問題文の意味を説明すると、「あっそういうことね」となることも。

 

国語ができて読解力があると、全部の教科で有利になるみたいな話があります。

おーじろうも国語は得意科目なのですが、なぜか算数の問題が読めていないようです。

 

図形への苦手意識で脳がシャットダウンしているのでしょうか?

もしそうなら、テストなんて緊張や焦りで、なおさら読めなくなってしまいます。

 

今更感満載の話ですが、いずれにせよ図形の克服には数をこなすしかないのかな?