おーじろう@愛知で中学受験2023

おーじろうは日能研東海に通う5年生。このブログは、愛知県で中学受験に挑戦するおーじろうの様子やテスト結果を紹介していきます。現在、プチ反抗期でやる気にさせるのに試行錯誤中。また、日能研で自走して東海地区難関校に合格した上の子の当時の様子なども書いていきたいと思います。

【日能研5年】12月4日 全国公開模試結果&親だからできること

こんにちは

 

12月4日に行われた全国公開模試の結果が発表されました。


f:id:ojiro_jyuken:20211206153948j:image

 

魔法の言葉はない

近頃、このブログは、プチ反抗期のおーじろうのやる気についての話題が多くなっています。

 

その中で分かったことは、おーじろうが一瞬で変わる魔法の言葉なんて存在しないということです。

 

今回の模試に向けてのテスト勉強も、何回も何回も声かけをして、やっと始めました。

 

やる気は本人の問題なので、たとえ親であっても他人である子どもの行動を変えるのは至難の業です。

 

親だからできること

しかし、親だからこそできることがあると思います。

 

例えばそれは、リラックスして過ごせる家庭の環境であったり、子どもを励ましたり、努力している場面を見逃さずに頑張りを認めることだったり。

 

マズローの欲求階段説でも、社会的欲求と承認欲求が満たされて、初めて自己実現欲求が発揮されると説いていますから、いきなり勉強をしろと言うよりも、家庭の居心地をよくしたり、子どもの気持ちを受け止める方が、効果的ではないかと思います。

 

私たち親は、『安心できる環境』を作り、『適切な声かけ』をして、『子どもを励まし、認める』ことを意識して頑張ってみます。

 

 

【日能研5年】12月4日 全国公開模試自己採点&すぐに聞くのは、やめます

こんにちは

 

本日行われた全国公開模試の自己採点をしました。

 

すぐに聞くのは、やめます

子どものテスト結果が、ものすごく気になります。

私の今一番の関心事は、子どものテスト結果だと言ってもいいくらいです。

 

そのため、今まではテストが終わって、おーじろうが家に帰ってくると、おかえりも言わずに「テストどうだった?」と聞く勢いでした。

 

しかし、最近になって、それはテストの点数を親がとても気にしている、つまり『絶対にいい点を取りなさい』というメッセージを暗に送っているだけではないかと思うようになりました。

 

だから、帰ってきてすぐにテストの出来を聞くのは、やめることにしました。

 

確かに私の本心は出来が気になって仕方がないのですが、そこは我慢します。

 

これからは、おーじろうが帰ってきたら、まずは「おかえり、お腹すいた?」にします。

 

ちなみに自己採点の結果は、

 

 

国語 110点台

 

算数 110点台

 

社会 80点台

 

理科 70点台

 

合計 380点台

 

今日は、お腹すいてなかったみたいです。

 

 

日能研で自走した上の子③

こんにちは

 

日能研で自走した上の子①と②」の続きです。

ojiro-jyuken.hatenablog.com

 

ojiro-jyuken.hatenablog.com

 

自分で考えたテスト戦略

上の子は算数に関して自ら考えた戦略でテストに臨んでいたことを最近になって知りました。

 

その戦略は、

1.共通問題優先で確実に加点する

2.何度も見直しをして凡ミスをなくす

3.難しい問題に囚われない

 

具体的な方法を示します。

 

育成テストの場合

①共通問題を解く

時間がかかりそうな問題、わからない問題は飛ばす。

②応用問題を解く

時間がかかりそう問題、わからない問題は飛ばす。

 

とにかく難しい問題は深く考えずに飛ばして、一周目を終わらせる。

 

③共通を見直しながら飛ばした問題を解く

④応用を見直す

時間があるようなら飛ばした問題を解く。

⑤最初から最後まで見直す

特に共通を見直す。

⑥解けなかった問題を解いてみる

時間内に解けそうにないと判断したら、解けている共通問題(特に最初の部分)を徹底的に見直す。

 

公開模試の場合

(大問4までは比較的易しい問題、大問5以降は難しい問題と想定しています)

①大問1〜4を解く

なるべく全部解くようにするが、時間がかかりそうな問題、わからない問題は飛ばす。

②大問5以降を解く

それぞれの大問の

(1)の問題は絶対に解く。

(2)の問題は、なるべく解く。

(3)以降問題は、わかりそうだったら解く。

 

とにかく難しい問題は深く考えずに飛ばして、一周目を終わらせる。

 

③大問1〜4を見直しながら飛ばした問題を解く

④大問5以降の問題を見直す

時間に余裕があるようなら飛ばした問題を解く。

⑤最初から最後まで見直す

特に最初の簡単な問題を見直す。

解けなかった問題を解いてみる

時間内に解けてそうにないと判断したら大問1の計算問題を徹底的に見直す。

 

この方法を6年の後期に確立させたそうです。

ちょうど上の子が伸び始めた時期と一致しています。

 

その一点をけずりだせ

この話を上の子から聞いた時、私の頭の中にある言葉が思い浮かびました。

 

『その一秒をけずりだせ』

 

箱根駅伝の強豪、東洋大学陸上競技部の有名なスローガンです。

その一秒ならぬ、一点をけずりだすために、テスト終了の最後の最後まで全力を尽くしていたことに、本当に驚きました。

 

上の子の戦略が正しい方法なのかは、わかりません。

しかし、上の子が自ら考え、しかも結果を出したことに価値があるのだと思います。

 

おーじろうにも、この戦略を教えましたが、もちろんできません。

 

イギリスのことわざ

『馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない』

他人をやる気にさせるのは難しいという意味のイギリスのことわざです。

 

上の子は自ら水を飲みました。それどころか、放牧していたら勝手に水を飲みに行っていました。

おーじろうは引っ張って水辺まで連れていき、褒めたり、怒ったり、勇気づけたり、プレッシャーをかけたりして、水を飲ませるのに必死です。

 

自走とは

中学受験において自走とは、受験を成功させる為の手段の一つだと思います。

ただ、それぞれのご家庭が受験勉強に何を求めるかによって重要度が異なるのではないでしょうか。

 

わが家は上の子が自走で中学受験を成功させました。その上、学習の習慣が身につき、中学入学後も自ら勉強する姿を見ているので、おーじろうも自走を目標にしています。

 

私たち親は、おーじろうに勉強を促す声かけはしますが、勉強は、ほとんど教えていません。

わからないことは先生に質問することを約束にしています。

そうは言っても、上の子に教えてもらうこともしばしばなので、上の子への依存度を減らしていきたいと考えています。

 

おーじろうには完全自走は難しいでしょう。

よって、おーじろうは右から親に支えられ、左から上の子に支えられた、いわば補助輪付き自走で、あと一年頑張りたいと思います。

 

おわり

 

おーじろうと上の子は、日能研入塾前にZ会の『小学生ハイレベルコース』の算数と国語を受講していました。

Z会に入っていたおかげで、小学校の勉強とは一味違う『中学受験の勉強』にスムースに入っていけました。Z会日能研の相性は良いと思います。

 

【日能研5年】またもやパワースポットへ&11月27日 育成テスト結果

こんにちは

 

11月27日に行われた育成テストの結果が発表されました。  

 

f:id:ojiro_jyuken:20211129195716p:plain

 

前回の育成テストあたりから、おーじろうの勉強量が増えています。

相変わらず声をかけないと、なかなか勉強を始めないのですが、いったん始めると以前より集中して勉強できているように感じます。

 

またもやパワースポットへ

前回のパワースポットの記事もご覧ください。

ojiro-jyuken.hatenablog.com

 

先週、おーじろうはテストが無かったので、アスレチック行ってきました。

思いっきり体を動かして、おーじろうにとっては、良いリフレッシュになりました。

運動不足の親にとっては、かなりのダメージになりました。

 

帰り道、そのダメージを癒すというワケではありませんが、パワースポットに寄りました。

 

f:id:ojiro_jyuken:20211128082049j:image

つぶて浦

昔、伊勢の神様たちが力比べで投げた石が対岸の知多半島まで飛んできて、ここに落ちたと言われています。

鳥居は、伊勢神宮の鳥居と対面してつくられているそうです。


f:id:ojiro_jyuken:20211128082130j:image

 

近頃、パワースポットに強く惹かれてしまいます。

少し心が疲れているのかもしれません。


f:id:ojiro_jyuken:20211128082323j:image

 

伊勢の神様のパワーと伊勢湾の景色に、とても癒やされました。

 

おーじろうも、さぞ癒やされていると思ったら


f:id:ojiro_jyuken:20211128082542j:image

 

きれいな貝殻拾いに夢中でした。

 

 

日能研で自走した上の子②

こんにちは

 

日能研で自走した上の子①」の続きです。

ojiro-jyuken.hatenablog.com

 

勉強のモチベーション

上の子は決して勉強が好きなタイプではありません。

 

上の子が、こんなことを言いました。

「勉強なんて好きじゃないけど、テストでいい点が取りたいからやってた」

 

良い点数を取ることが、親が想像していた以上に、かなりのモチベーションなっていたそうです。

 

テストで良い点を取ること、教室で最前列に座ること、公開模試では冊子に名前が載ることを励みに勉強していたそうです。

 

公開模試の冊子については、こちらの記事をご覧ください。

ojiro-jyuken.hatenablog.com

 
テストが大きなモチベーション。

これは負けず嫌いな上の子の性格に依るところが大きいと思います。

テストで悪い点を取って「日能研やめる」と大泣きしたことが何度あったことか。

負けず嫌いな上の子には許せないことだったでしょう。

しかし、そんな苦い経験の繰り返しが、良い点数を取りたいという気持ちをより強くさせたのではないでしょうか。

 

また、教室に成績が同程度の同性の友だちが何人もいたことが上の子にとって、とてもラッキーでした。

わからない問題を互いに聞いたりして、本当に良きライバルだったそうです。

 

テストは戦略的に

そんな上の子ですが、テストには独自の戦略を立てて臨んでいたことを最近になって初めて知りました。

 

つづく

 

おーじろうと上の子は、日能研入塾前にZ会の『小学生ハイレベルコース』の算数と国語を受講していました。

Z会に入っていたおかげで、小学校の勉強とは一味違う『中学受験の勉強』にスムースに入っていけました。Z会日能研の相性は良いと思います。

 

【日能研5年】社会覚醒の予感?&11月27日 育成テスト自己採点

こんにちは

 

本日行われた育成テストの自己採点をしました。

 

国語 120点台

 

算数 100点台

 

社会 80点台

 

理科 80点台

 

合計 400点台

 

 

社会覚醒の予感?

最近、おーじろうは社会の授業がお気に入りです。

なぜかというと、

 

先生の話が面白いから

 

興味を持って授業を受けているようで、家に帰ってくると、授業で覚えた知識を披露してくれます。

覚えたことをすぐにアウトプットできる機会になっているので、とても良いと思います。

 

やっぱり先生って大事ですね。

 

あとは点数がついてくるだけ!

 

 

日能研で自走した上の子①

こんにちは

 

 

わが家は、現在小学5年生おーじろうのやる気を引き出すために試行錯誤を繰り返しています。

 

こちらから声をかけて勉強を促さないと、ずーっとゲームとユーチューブということもしばしばなので、声かけは必須です。

 

ウチには日能研で中学受験を経験した上の子がいます。

でも、声かけをしたことがありません。

 

上の子は自走していました。

 

今回は上の子の自走について書きたいと思います。

 

上の子の受験勉強

上の子については過去の記事もご覧ください。

ojiro-jyuken.hatenablog.com

 

ojiro-jyuken.hatenablog.com

 

上の子が日能研入りたての頃は、復習時に親塾をしたこともありましたが、日能研のスタンスに反すると聞いてやめました。

わからない事は日能研の先生に質問してくることにしました。

 

それでも4〜5年生の時は、テストでイマイチだった単元の問題集を買ったり、プリントをネットで探してやらせていましたが、それも5年前期くらいでやらなくなりました。

 

この頃から日能研の教材だけの自走が始まりました。

 

5年のテスト成績は、410点前後を行き来していました。

 

特に上の子が伸びたのは6年の夏期講習から。

本人もそのくらいから手応えを感じ始めていたそうです。

結局、上の子の成績は最後まで伸び、入試本番前の模試で日能研偏差値71を取ることができました。

 

自走が始まってから入試本番までの間、上の子がどんな勉強していたか本当に知りません。

知っているのは、毎日コツコツ勉強していたことだけです。

 

勉強に秘策は・・・

改めて上の子に当時はどんな勉強をしていたのか聞いてみました。

 

上の子の答えは一言

「塾で言われた事をやってただけだよ」

 

やっぱり勉強に秘策はないのです。

勉強が好きな訳ではない子が地道な努力の積み重ねで開花したのです。

 

つづく


おーじろうと上の子は、日能研入塾前にZ会の『小学生ハイレベルコース』の算数と国語を受講していました。

Z会に入っていたおかげで、小学校の勉強とは一味違う『中学受験の勉強』にスムースに入っていけました。Z会日能研の相性は良いと思います。